■プロフィール

コタロー1000

Author:コタロー1000
1976年生まれ 38歳 埼玉在住

旅のガイドブックアプリ出しています

オフラインガイドアプリinセブ


不動産投資iPhoneアプリ出してます

コタロー的不動産投資

無料ですので、ぜひどうぞ!

所有物件
アパート1棟
シェアハウス1棟
戸建て 1戸


しがないプログラマーやってます。
スマートフォンアプリエンジニアです。
ウィッシュ(古っ)

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ローマの休日を見た
ローマの休日が見たくなって、何十年かぶりにローマの休日を見てみた。


なぜローマの休日を見たくなったかというと8月からずっと英語の勉強をしているので、その成果を試してみたくなったからだ。
(と言っても通勤電車の中で英単語を覚えているだけなんだけど・・・・。)




けど、だめだ・・・・・・。
英語バージョンだけで見ると何言ってるかちっとも聞き取れない・・・・・・・。

やっぱりローマの休日で心に残るシーンは最後の記者会見のシーンでしょう

身を切られるような悲しい思いで最後にお別れしたはずのジョーが記者会見場に来ているのを見つけてアン王女はハッとします。
その表情のうつろいが感じ取ることができてなんともいえない気分になります。

当然のことながらここでのシーンで有名なセリフを抜粋してみました。

ある記者:
Which of the cities visited did Your Highness enjoy the most?
ご訪問された都市の中でどこが一番お気に召されましたか?

アン王女: (ジョーを見ながら言葉に詰まっている)
・・・・・・・・・・・・

執事:(小声でアン王女に耳打ちをする)
Each in its own way...
それぞれそれなりに・・・・・・・

アン王女:
Each in its own way was...unforgettable.
それぞれそれなりに・・・忘れがたく・・・・
It would be difficult to・・・・・・・・・・・・・・・・・.
一つを選ぶのが難しく・・・・・・・・

Rome!; by all means, Rome!.
I will cherish my visit here, in memory, as long as I live.

ある記者:
Despite your indisposition, Your Highness?

アン王女:
Despite that!



この最後のシーンはセリフも少なくてゆっくり進むのでなんとか聞き取れます。
アン王女と売れない新聞記者ジョーのアップ表情だけで感情を読み取ることができて、胸が締め付けられるようなシーンです。


ローマの休日はおいらが12~13歳のときにはじめてテレビで見たのですが、やはりそのころの印象と感想が全然違うなーと思う。
そのときは、なんでアン王女はジョーのところに行かなかったのだろう?と不思議でした。
最後にジョーが会見場を後にして歩いていくときに、アン王女が飛び出してきてジョーに抱きついてハッピーエンドを期待したもんでした。

でもやっぱりこのシーンはジョーが一人で歩いていくシーンで終わるのがいいですね。

オードリーへプバーンの最初のシーンの王女のために開かれた晩餐会の無邪気な子供のような表情と、最後のシーンでの記者会見での表情は格段に違います。
凛とした王女の風格を備えた気高い雰囲気になっています。
アン王女は映画の中で思い通りにならない自分の運命を受け入れ、自国の国民のための自分の義務を果たそうと人生を決めるわけです。
すごく成長します。

あるコメントより抜粋
「身分違いの恋という設定のためか、夢のあるおとぎ話と評されることの多い『ローマの休日』は、その甘く楽しげなロマンティックコメディの顔の奥に、大人への通過儀礼や、孤独と向き合う覚悟といったテーマまでもをさりげなく隠している。無邪気な少女時代にブラウン管の中で見たときは「こんな恋がしてみたい!」と素直に憧れた映画を、
「人生はままならぬもの」と知った今、もう一度観たときにどう感じるのか。観るたびに新たな共感を呼び起こす真の名作は、ときに自分の成長を気づかせてくれる合わせ鏡のような存在でもあるのだ。

上記のコメントはローマの休日という映画の真髄をほんとに表してるなーと思います。



おいらは30歳も超えて人生の折り返し地点も過ぎています
「人生は思い通りにいかないな」と感じる現時点で見るとほんと感慨深いです


洋画を使って英語の勉強というより久しぶりに見入ってしまって、映画自体に感動してしまいました。

半世紀経っても色褪せない映画っていうのはこういう作品なんですねー!

スポンサーサイト


関係ない話 | 00:42:52 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
西川口の物件見に行ってきました。
ダメダメでした。使い物になりません(>_<)
さら地にして活用するならいいのではないか
と思いましたよ!
2009-09-21 月 06:40:02 | URL | 埼玉swallows [編集]
>埼玉swallows
そうですかー。。。。
やっぱりイマイチでしたかー・・・・・。
2009-09-21 月 13:15:27 | URL | コタロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。